joyful young diverse guy dancing with sparklers in hands on roof

インスタグラム

【おすすめ】科学的に認められた最強のおやつとは

スポンサーリンク

こんにちはnaokiです。

今回は、科学的に認められた最強のおやつについて解説します。

内容は、以下の通りです。

・悪いおやつ

・最強のおやつ

・オタゴ大学の研究

・科学的に認められた最強のおやつのまとめ

サクッと読めますので、是非どうぞ。

悪いおやつ

ethnic girl having halloween cookie with friend
Photo by Charles Parker on Pexels.com

科学的に最強のおやつを紹介する前に、一般に悪いとされるおやつをご紹介します。

1位 ポテトチップス

2位 フランチフライ

3位 加工肉

です。

これらのおやつは、人間を老化させたり、無気力にさせたりと、身体的にもメンタル的にも悪影響を与えてしまうことが知られています。

僕も、正直、このトップ3は、よく食べるので、気をつけたいです。

最強のおやつ

crop woman washing fresh citruses in tropical garden
Photo by Any Lane on Pexels.com

結論から言うと、

野菜やフルーツ系です。

以下、野菜やフルーツ系が良いおやつとされる理由について迫っていきたいと思います。

オタゴ大学の研究

flat lay photography of vegetable salad on plate
Photo by Ella Olsson on Pexels.com

オタゴ大学が行った野菜や果物とメンタル面の関係についての研究をご紹介します。

実験は、次のような内容で行われました。

・うつ症状や不安症の症状が出ていないか、全員のメンタルをチェックする。

・全員が食べている野菜や果物の量を調べる。

そして、結果は、以下のようになりました。

・野菜や果物を食べている人の方がメンタルは健康

・加工されていない野菜や果物ほど、メンタルの改善と強い相関関係がある

・缶詰など加工食品の場合は、若干、不安を抑えたり、幸福感を高めたりといった、気分を改善する効果が向上する


つまり、本研究から野菜や果物を食べると、うつ病の症状が減り、幸福感はアップしてポジティブな気分が出やすくなり、さらに、やる気や人生の満足度の高まりが見られるとともに、人間関係までよくなることが明らかになったのです。

科学的に認められた最強のおやつのまとめ

いかがでしたか。

今回は、科学的に認められた最強のおやつについて解説しました。

野菜や果物が不足しがちな現代人ですが、おやつで取り入れることで一日の摂取量を確保するとともに、メンタル改善・幸福感アップを目指していきましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

naoki.0707

今までの人生を振り返って、私が好きなこと・得意なことは 「自分の経験を人に伝えること」だと思いました。 ちょっとしたことを報告とかするのが大好きなんです。 そんなわけで「ブログがぴったりだ!」と思い、ブログをはじめ現在に至ります。 このブログでは、「好きなこと」をテーマに自分の感じたことを発信していけたらいいなと思っています。

-インスタグラム
-,

© 2021 naokinoblog Powered by AFFINGER5